メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

日本選手権 三菱名古屋、悲願のV 十三回、気迫の一打 /愛知

【三菱重工名古屋-JFE西日本】三回表三菱重工名古屋無死、小柳が中前打を放つ=京セラドーム大阪で2018年11月12日、幾島健太郎撮影

 京セラドーム大阪で開かれている第44回社会人野球日本選手権大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は12日の決勝で、県勢の三菱重工名古屋がJFE西日本(広島)と対戦。息詰まる投手戦で延長戦に突入したが、十三回に勝ち越し、2-1で悲願の初優勝を果たした。優勝決定の瞬間、スタンドは大歓声に包まれ、地元名古屋市などから駆けつけた応援団は選手たちと喜びを分かち合った。【石塚誠、黒尾透、川崎健】

この記事は有料記事です。

残り1129文字(全文1322文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  2. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  4. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  5. 特集ワイド 衆参同日選、可能性探る 毎日新聞専門編集委員・与良正男×ジャーナリスト・鈴木哲夫氏

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです