メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

堅実守備に磨き 三菱名古屋・三森

【三菱重工名古屋-JFE西日本】三回に送りバントを成功させる三菱重工名古屋の三森大輔選手=京セラドーム大阪で2018年11月12日、幾島健太郎撮影

 第44回社会人野球日本選手権大会で、12日の決勝に臨んだ三菱重工名古屋(東海・愛知)の二塁手・三森(みつもり)大輔選手(36)は、チーム最年長の選手として頂点を懸けた一戦のグラウンドに再び立った。11年前に他チームから移籍し、一時は控えに回ることも多かったベテランは、日本一が決まった瞬間、マウンドに駆け寄って後輩たちと抱き合った。

 関東学院大を経て2005年、西濃運輸(岐阜)に入社したが、翌シーズンには当時のチーム構想から外れた…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大迫のツイッター批判受け、陸連が規定変更を検討 日本選手権後
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 現場から逃げた男、熊本県内で身柄確保 鹿児島の中学生襲った容疑者か
  4. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです