メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

地震や、医療、社会保障など危険や不安がいっぱいの時代、安全安心のための企画を随時掲載。わかりやすいイラストも。木曜日更新。

  • がん高額治療、動画で「注意を」

     がん治療に関する科学的根拠のない情報や、高額な自由診療の宣伝文句に惑わされないで、と患者や家族に呼び掛ける動画を、がん患者団体でつくる「グリーンルーペプロジェ…

    (2019年1月17日 12:29)

  • 急性リンパ性白血病を解説

     血液のがんの一種「急性リンパ性白血病」について解説する冊子を認定NPO法人キャンサーネットジャパン(東京)が刊行し、法人のウェブサイトでも公開した。 タイトル…

    (2019年1月17日 12:29)

  • かかりつけ医探し、どうやって? 相性大事、自分の目で選択

     子どもの頃は小児科に頻繁に通っていても、大人になると、治療が必要な持病がなければかかりつけ医はいないことが珍しくない。だが、ちょっと気になる症状がある時や突然…

    (2019年1月17日 12:29)

  • ぜんそく死、なぜ根絶できぬ? 吸入薬、正しく継続が重要

     かつて年間7000人を超えていたぜんそくによる死者は治療の進歩で大きく減少したが、いまだゼロにはなっていない。治らない原因の多くは、治療の基本である吸入薬の中…

    (2019年01月10日 12:36)

  • リウマチ薬で乾癬治療に保険

     関節リウマチなどの治療に使われる薬「メトトレキサート」(商品名リウマトレックス)が、皮膚に慢性の炎症が起きる乾癬(かんせん)の治療にも保険適用で使えることにな…

    (2019年1月10日 12:36)

  • 本庶佑さんの講演・対談が本に

     がんの新しい免疫療法開発に道を開き、2018年のノーベル医学生理学賞を受けた本庶佑・京都大特別教授の講演録や対談を収めた単行本「生命科学の未来-がん免疫治療と…

    (2019年1月10日 12:36)

  • 妊娠と薬情報センター 妊婦も免疫抑制剤使用可に

     妊婦には「使ってはならない」とされてきた3種類の免疫抑制剤が、医師の判断で使えるようになった。国が設置した「妊娠と薬情報センター」が国内外の使用実績などを調査…

    (2018年12月27日 13:04)

  • 半数超が「歯科先延ばし」

     歯科健診、歯科の受診について「できるだけ先延ばしにする」「どちらかというと先延ばしにする」という人が計53%に上ることが、日本歯科医師会のインターネットを通じ…

    (2018年12月27日 13:04)

  • がん経験表現の作品募集

     自分や身近な人ががんになった経験を表現した作品(絵画、写真、絵手紙)を製薬会社の日本イーライリリー(神戸市)が募集している。 「リリー・オンコロジー・オン・キ…

    (2018年12月27日 13:04)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 口永良部島が爆発的噴火 噴煙500m超 火砕流も発生
  2. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  3. 北海道に白いヒグマ 日大演習林で動画撮影成功
  4. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  5. ORICON NEWS 滝沢秀明氏、新会社「ジャニーズアイランド」社長に就任 Snow Man改編を発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです