メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外改憲勢力3分の2割り込む

どうすれば安全安心

地震や、医療、社会保障など危険や不安がいっぱいの時代、安全安心のための企画を随時掲載。わかりやすいイラストも。木曜日更新。

  • 妊婦の痩せ過ぎ、要注意 低出生体重児のリスク増

     日本の赤ちゃんの10人に1人近くは体重2500グラム未満で生まれる。こうした低出生体重児は将来、糖尿病などの生活習慣病のリスクが高いとされる。胎児の発育が不十…

    (2019年07月18日 14:19)

  • 悪性脳腫瘍、ウェブで解説

     がん患者支援の認定NPO法人キャンサーネットジャパン(東京)は、解説冊子「もっと知ってほしい 悪性脳腫瘍のこと」をウェブサイトで公開した。A4判24ページ。 …

    (2019年7月18日 14:19)

  • アニサキス食中毒のQ&A

     魚介類に寄生する寄生虫アニサキスによる食中毒を防ぐための基礎知識を学べる「アニサキス食中毒に関するQ&A」を厚生労働省がウェブサイトで公開した。 Q&Aによる…

    (2019年7月18日 14:19)

  • 神経内分泌腫瘍が急増 多くは無症状のまま進行

     「神経内分泌腫瘍(NET)」という聞き慣れない悪性腫瘍が急増している。米アップルの共同創業者、故スティーブ・ジョブズ氏が発症したことでも知られる。日本では膵臓…

    (2019年07月11日 13:02)

  • 公衆トイレ不足は健康問題

     自治体の予算不足などから公衆トイレの数が減っている英国の現状を「人々の健康や移動の権利に対する脅威だ」として改善を求める報告書を、英王立公衆衛生協会がまとめた…

    (2019年7月11日 13:02)

  • 失語症の人と話すこつは

     耳は聞こえるが相手の話が分からない。声は出るのに言いたいことが言えない。脳卒中などの後遺症で起こる失語症はつらい障害だ。日々のコミュニケーションが突然難しくな…

    (2019年07月11日 13:02)

  • 病、それから 心の性に合う生活取り戻す 双極性障害を克服 東京理科大元教授・三土修平(明笑)さん

     ◇10年間の苦しみくぐり抜け 念願の性別適合手術も 経済学者の三土修平さん(70)は、幼少期から男性としての自分の体に違和感があった。性的少数者への理解が広が…

    (2019年7月4日 14:04)

  • 市販薬情報配布に支援を

     医師にかかる前に患者が飲んだ市販薬の特定に役立つカラー冊子「クスリ早見帖」を全国の医療機関に無償で提供してきた京都市の会社社長、平憲二さんが、今年の製作費の一…

    (2019年7月4日 14:04)

  • 移植仲介役の就職説明会

     臓器移植の仲介役であるコーディネーターを募集している日本臓器移植ネットワークは、増加する臓器提供への対応としてさらに増員を図るため、就職説明会を開く。 東京で…

    (2019年7月4日 14:04)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  2. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです