メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朱鷺色の空に 1999人工ふ化

「優優」 親鳥と一緒に一般公開スタート−−新潟・佐渡トキ保護センター

 みなさん、はじめまして−−。新潟県新穂村の佐渡トキ保護センターで飼育されているトキ2世「優優(ユウユウ)」と、親鳥のペア「友友(ヨウヨウ)」「洋洋(ヤンヤン)」の一般公開が6日朝から始まった。夏休み期間中とあって早朝から約60人が列を作り、午前8時半にゲートが開くと、3羽を観察できるフェンスまで一斉に歩み寄り、設置された望遠鏡3台を交代でのぞきこんだ。

     フェンスから約50メートル先に優優のケージ、その少し奥に友友と洋洋のケージがある。親鳥2羽は死角となる止まり木に止まっていて、見えにくい位置にいたが、5月に誕生したばかりの優優は、訪れた人たちに、元気に歩く姿を披露した。

     公開15分後には、フェンス前の人だかりは200人近くにふくれ上がり、午前中に約700人が訪れた。福井県三国町の主婦、茶谷早苗さん(47)は「1泊2日のツアーで佐渡観光に来ました。初公開の日に来ることができてよかった。優優を見られて、ワクワクする気持ちです」と話していた。【武本光政、磯野保】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 女子中学生を脅迫容疑、31歳男逮捕 警視庁
    2. 「中村屋」が中華まんミュージアムを25日に開館 全国初
    3. 米国 超音速兵器に危機感 中露優勢、迎撃難易度高く
    4. 韓国の無礼発言は「不適切で遺憾」 統合幕僚長が異例の批判
    5. 勤労統計の資料を廃棄 厚労省04~11年分、再集計は困難

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです