メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コウノトリ空へ 2007野生ひな

4羽が韓国へ 学術交流で研究所に譲渡

 兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷(さと)公園で人工飼育中の特別天然記念物・コウノトリ4羽が韓国の研究所に譲渡されることになり、30日朝、関西国際空港に向けて出発した。学術交流のためで、同公園から海外への譲渡は05年の韓国への2羽に続き2度目となる。

     いずれも異なる親鳥から生まれ、譲渡先で飼育されているコウノトリと遺伝系統が異なる2〜4歳の雄雌各2羽。関空から空輸し、韓国中部の忠清北道にある韓国教員大学校の研究所に夕方、到着予定。

     韓国では71年を最後に野生コウノトリの繁殖は確認されておらず、2012年度の放鳥を目指し研究を進めている。韓国の研究所には人工飼育された40羽がおり、繁殖で血統を多様化するのが狙い。【山口朋辰】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
    2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
    3. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
    4. 特集ワイド ビゴの店、フィリップ・ビゴさん 本物伝え半世紀
    5. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです