メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

浪江 老夫婦

誇った原発、怒りをどこに

◇遠い故郷、もう帰れない

 白い犬を連れた老夫婦は海を見つめていた。「もう帰れないんだろうな」。伊豆半島の漁港で遠い故郷を思った。長瀬昭昌さん(72)、妙子さん(68)夫妻は東京電力福島第1原発の事故で、福島県浪江町の自宅を追われた。

 娘婿の実家がある静岡県西伊豆町の空き家で避難生活を始めたのは4月。かつてカツオの遠洋漁業で栄えた古い漁師町で、道ですれ違う人はみな声をかけてくれる。仮住まいの食卓にも、しばしばおすそ分けが並ぶ。高齢化が進む町は時がゆっくり流れていた。

 昼間は2人でテレビの前に座り、原発や福島の様子を伝えるニュースを見つめるのが日課になった。妙子さん…

この記事は有料記事です。

残り1209文字(全文1493文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです