メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

浪江 老夫婦

やっぱり、福島がいい

これまで

 長瀬昭昌さん、妙子さん夫婦は、東京電力福島第1原発の事故で福島県浪江町の自宅を追われた。昭昌さんはゼネコンの現地幹部などとして長年、第1原発の建設や維持に従事。子や孫は原発関連企業や東電に就職した。震災後、一旦、東京に避難し、4月に親類の紹介で静岡県西伊豆町の空き家に身を寄せた。昭昌さんは信じ続けてきた原発との「共存共栄」に疑問を抱き始めていた。 

この記事は有料記事です。

残り1486文字(全文1666文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. 熱烈人気「上海ディズニー」 じわじわ「中国風」好感 6月で開園3年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです