メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田老地区 母と子

葬儀決意 父とも家とも別れ

幸雄さんに贈った誕生日の色紙を囲む山本ヒデさん(中央)と子供たち=岩手県宮古市で

これまで

 「万里の長城」と呼ばれた防潮堤に守られながらも、東日本大震災で多くの死者・行方不明者を出した岩手県宮古市田老地区。養殖業の山本幸雄さんの行方も分からない。残された家族は宮古市街で新生活を始めた。妻で看護師のヒデさんは、大学進学をあきらめようとしていた長女の永都さんに「やりたいことをやらないと後悔するよ」と背中を押す。永都さんは再び大学を目指し、長男の一慶君は自分で選んで進学した田老での中学校生活に打ち込む。

この記事は有料記事です。

残り1464文字(全文1674文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 約3000年前の小さな靴を発掘 新生児用か、飾りひもも エジプトの遺跡
  3. 新元号 「令和元年」カレンダー 八潮のメーカーが制作 /埼玉
  4. 「池に人が浮いている」通報 60~70代女性死亡 井の頭公園
  5. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです