メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

卒業式を終え校舎から出てきた山本永都さん(右)に「3年間よく頑張ったね」と声を掛ける母のヒデさん=岩手県宮古市で1日

これまで

 岩手県宮古市の田老地区で水門を閉めようとして津波にのまれた消防団員、山本幸雄さんは今も行方不明のまま。残された家族は市街のアパートで新生活を送る。妻で看護師のヒデさんは、現実を受け止めて前を向く一歩にしたいと、昨年9月に葬儀を開いた。生存を信じ、父を話題にすることさえ嫌がっていた長男の一慶君も受け入れてくれた。長女の永都さんは、大学進学を目指して受験勉強に励んできた。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  2. 北海道に白いヒグマ 日大演習林で動画撮影成功
  3. 口永良部島が爆発的噴火 噴煙500m超 火砕流も発生
  4. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  5. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです