メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 「すぐ捜せていれば」 あす浪江の遺族会設立、東電に謝罪要求

熊川さんは毎日、妻洋子さんの遺影に「おはよう」「おやすみ」と声をかける=福島県二本松市で、三上撮影

 東京電力福島第1原発事故により、津波で行方不明になった家族を約1カ月間捜索できなかった福島県浪江町の遺族たちが震災1年の11日、避難先の二本松市で遺族会の設立総会を開く。遺族の間には今も「原発事故さえなければ家族は助かったのではないか」「遺体を長く放置され、許せない」との思いが強く、東電への慰謝料や謝罪を求めていく方針だ。【三上剛輝、高瀬浩平】

 「奥さんです」。昨年8月、二本松市の高林寺で、熊川勝さん(74)=浪江町請戸(うけど)=は住職に骨…

この記事は有料記事です。

残り786文字(全文1010文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  4. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです