メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸前高田 流された「そば屋」

町のあした皆で あの日忘れず日常築く

調理場でそばをゆでる及川雄一さん。「何十年も先まで、この町でそば屋がやりたい」=岩手県陸前高田市のやぶ屋で2013年3月13日

これまで

 東日本大震災で岩手県陸前高田市の人気そば店「やぶ屋」が流され、店主の及川信雄さん(当時70歳)が亡くなった。一緒に店を支えてきた妻従子さんと3代目の長男雄一さんは昨年4月、地元の仲間たちに支えられながら、市内のプレハブ店舗で営業を再開した。なじみの客も戻ってきた。

 震災から2年を迎えた3月11日。及川雄一さん(45)は震災体験を話すため、母校の岩手県立高田高校を訪ねた。人前で話すのが大の苦手で、当初は講演依頼を断った。でも後輩に伝えたい思いがあった。結局、放送室のマイクを通じ、声を届けることになった。

 頭が真っ白にならないよう数日前から原稿を練った。なかなか心の整理がつかず、何度も書いては消した。そ…

この記事は有料記事です。

残り1112文字(全文1421文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  3. 堺市長、辞意固める 政治資金収支報告書に2億3000万円不記載
  4. 次期堺市長選に維新が候補擁立の意向 松井代表、竹山氏を批判「潔くなかった」
  5. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです