メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大衆作家・ガルシア・マルケス

天衣無縫 虚実からどこまでも自由な語り部

 <「ゆうべ、手紙を待ってる夢をみたよ」……「何曜日の夢だった?」「木曜日さ」「だったら悪い報(しら)せよ」……「でも、その手紙は絶対に来ないわ」>。ガルシア=マルケスの中編「無垢なるエレンディラと無情な祖母の信じがたい悲惨の物語」(78年)の冒頭に現れる、祖母と孫娘の夢語り。カリブ沿岸に暮らすワユ族の間ではごく日常のものだ。

 孫娘は屋敷を燃やしたかどで、祖母に連れられ体を売り歩く。テント小屋に連なる男たちの行列が町を貫き、…

この記事は有料記事です。

残り742文字(全文956文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネットフリックス 時価総額16兆7千億円ディズニー抜く
  2. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  3. 働き方改革関連法案 高プロ「働かされ放題」の恐れ
  4. 柴俊夫さん 児童養護施設出た若者支援に日本酒
  5. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]