メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エジプトの首都カイロで、結婚式を挙げるカップル。女性の参列者には、目以外を黒布で覆うニカブを着用した人もいた=2014年1月17日、秋山信一撮影

 新郎新婦が寄り添って、愛を誓う−−。結婚式というと、こうした光景を思い浮かべると思います。けれども、エジプトでは新婦は必ずしも結婚式に出る必要はありません。男性の証人2人の前で、男性の保護者による代理出席を希望すれば、式に出なくてもいいのです。今回は、エジプトのイスラム教徒の結婚式について紹介します。

 イスラム教の結婚式は、大半がモスク(イスラム礼拝所)で執り行われますが、自宅で式を挙げる人もいます…

この記事は有料記事です。

残り898文字(全文1100文字)

イナス・タウフィーク

1980年、カイロ生まれ。アインシャムス大学(カイロ)で英文学を専攻。来日経験はないが、「いつか日本に行ってみたい」。日本食では天ぷらが好みで、お寿司など生魚は大の苦手。2005年6月に毎日新聞カイロ支局に入り、特派員の取材サポートなどを担当している。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです