メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本人としての道徳を説いた…だけではない文書の内容と歴史 

[PR]

教育勅語の原本が見つかりました。 教育勅語は1890年に天皇の名で国民の教育や道徳の考え方を示した文書です。
国民が天皇を敬い仕える存在だというのが主な内容です。 この背景にはどういうものがあったのでしょうか。 明治時代初期、人々は国より藩への所属意識の方が強かったです。
当時、帝国主義列強諸国がアジアを次々に植民地化しており、強い国家をつくるために国民をまとめる精神的な柱が必要でした。
第二次世界大戦後にGHQの意向の下、国会で失効となりました。 平和主義の憲法と個人の確立を目的とする教育基本法はセットのようなものでした。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 スピードスケートの住吉都さんが死去 ソチ五輪代表
  2. 宮部行範さん死去 48歳早過ぎる死 関係者も驚き隠せぬ
  3. 人気声優の死 異常なしがEBV感染症…難病指定訴え
  4. 大雪 乗らなきゃよかった首都高 山手トンネルで立ち往生
  5. 群馬 草津白根山が噴火 スキー場で雪崩、4人被害か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]