メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大衆作家・ガルシア・マルケス

愛され、くさされ、ボロボロになるまで読まれる作家

ガルシア・マルケスの小説の舞台、コロンビア北部のグアヒーラ地方で

 さて、この連載のタイトルである。「大衆作家」と聞いて、あれ?っと思う人が結構いるのではないだろうか。

 ガルシア・マルケスというと、もっと、一筋縄ではいかない作家、難解で、分厚い辞書や登場人物の家系図を傍らに、細かなノートを取りながら、判読していく作品群。相当な本読みでないととても読みこなせない知の集積といったイメージを抱いている人が意外に多いのではないだろうか。ボルヘスやウンベルト・エーコのようなイメージ。

 マルケスが「大衆作家」だというのは、私が彼の生地、コロンビアでたどりついた結論だ。大衆というとちょ…

この記事は有料記事です。

残り6875文字(全文7131文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米「ソウルの女王」 アレサさん危篤 グラミー賞18回
  2. 日本文学研究者 キャンベルさん、同性愛公表し議員批判
  3. 戦争を知らないけれど /1(その1) 42歳、玉砕を漫画に 生還兵「あなたは戦ったのか」
  4. 山口2歳児不明 ドローンも使い捜索も手がかりなく
  5. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです