メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

辻井喬さん

人生最後の句は『過去を忘れたい』

辻井喬さん=東京都中央区のセゾン文化財団で2011年4月27日、塩入正夫撮影

未発表の俳句24句を公表 

 セゾングループ元代表で昨年11月に86歳で亡くなった、詩人で作家の辻井喬(本名・堤清二)さんの生前最後の作品を含む未発表の俳句24句が見付かった。死去から半年を前に、妻の麻子さんが毎日新聞での公表を許可した。最後の6句は2012年1月の句会で詠まれた作品で、東日本大震災後の世を「哀しき平和かな」と憂う句もあり、多才な文人の孤独と寂寥(せきりょう)がにじんでいる。

 西武百貨店を中心に巨大な流通グループを築いた辻井さんは、詩集「異邦人」(1961年、室生犀星詩人賞…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スバルが国内生産停止 ハンドル補助装置に不具合
  2. 大坂なおみ選手の肌白く表現 日清食品が謝罪と米英紙
  3. 女子中学生が意識不明 殺人未遂容疑で母親を逮捕 前橋
  4. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  5. 鉄道事故 インフル感染、線路に転落か 女性死亡 東京・中目黒駅

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです