メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸前高田 流された「そば屋」

仮設店舗2年 街へ戻るか…葛藤

やぶ屋の調理場を支える3代目の及川雄一さん(右)と母従子さん=岩手県陸前高田市で、後藤由耶撮影

これまで

 東日本大震災で岩手県陸前高田市の人気そば店「やぶ屋」が津波で流され、店主の及川信雄さん(当時70歳)が亡くなった。一緒に店を支えてきた妻従子(よりこ)さん(71)と3代目の雄一さんは翌年4月、市内のプレハブ店舗で営業を再開した。震災当時3歳だった雄一さんの長男雄太君は小学校に通い始めた。

 パワーショベルがうなり、ダンプカーが土ぼこりを舞い上げる。岩手県陸前高田市の旧中心市街地には、かさ上げ用の土砂がうずたかく積まれている。

 かつてそこにあったそば店「やぶ屋」が、高台の仮設店舗で再開してから2年がたった。昼時、店の前には席…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  2. 口永良部島が爆発的噴火 噴煙500m超 火砕流も発生
  3. 北海道に白いヒグマ 日大演習林で動画撮影成功
  4. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  5. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです