メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大衆作家・ガルシア・マルケス

ろくでなしの純愛 半世紀の片思い

ガルシア=マルケスを育んだコロンビアの人々

 ガルシア=マルケスの描く性愛の世界には、読者を楽しませるさまざまな趣向がこらされいる。だから、書きだせばきりがないのだが、とりあえず導入編として、その純愛、プラトニック・ラブ、決して満たされることのない片想いを考えてみたい。

 1985年、ノーベル文学賞受賞の3年後に発表した長編小説「コレラの時代の愛」は、やや異常といえなくもないが、青年期にふられた少女を半世紀以上、正確には51年9カ月と4日間、ひたすらストーカーのように想い続け、相手の夫の葬式が済んだその場でプロポーズする男を描いている。

 <ビター・アーモンドを思わせる匂いがすると、ああ、この恋も報われなかったのだなとつい思ってしまうが…

この記事は有料記事です。

残り4859文字(全文5157文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 寝屋川中1殺害、山田被告に死刑判決 大阪地裁
  4. 米LAの学校で壁画撤去中止 旭日旗に酷似、「表現の自由を」抗議殺到
  5. ニッポンへの発言 キーワード 「高輪ゲートウェイ」化するニッポン=中森明夫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです