メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナイル.com

(25)「停電」はニュースではない

停電中はろうそくの明かりを頼りに生活する。あまりの停電の頻発ぶりに、充電式非常灯の売れ行きも好調だ=2014年3月25日、秋山信一撮影

 1日3時間も停電する−−。これは内戦下のシリアの話ではない。支局があるエジプトの首都カイロの状況だ。最近は締め切り時間近くに停電することも多く、「勘弁してくれよ」とぼやくこともしばしばだ。

 日本で勤務していたころ、停電と言えばニュースだった。電力会社に問い合わせて、停電の影響範囲、復旧の見通しなどを記事にしたことを覚えている。

 ところが、エジプトでは停電は日常茶飯事だ。私が住むカイロの中心部ザマレク地区では、今年に入ってから…

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文947文字)

秋山信一

2004年入社、岐阜支局、中部報道センター(名古屋)、外信部を経て、13年1月にカイロ支局赴任。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  3. 韓国国会議長「日本は盗っ人たけだけしい」 謝罪要求に反発
  4. おかあさんといっしょ さよならよしお兄さん! 最長14年担当の体操のお兄さんが3月末で卒業 パント!のりさお姉さんも
  5. 支局長からの手紙 ATMの撤去 /島根

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです