メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

笹井氏自殺

理研会見一問一答(1)「疲労困憊、心身ともに疲れている状態だった」

記者会見をする加賀屋悟・理研広報室長=文科省で2014年8月5日、小出洋平撮影

 理化学研究所は5日、発生・再生科学総合研究センター(CDB)の笹井芳樹・副センター長の死去を受け、東京都内で会見した。報道陣との一問一答は次の通り。【デジタル報道センター】

 加賀屋悟広報室長 本日、笹井副センター長が死去した。ご冥福を述べさせていただきたい。

 本日の経過を説明します。今朝9時前にCDBの職員が、遺書のようなものとともに発見しました。病院に搬送され、その後、死亡が確認されました。

 笹井研究室の秘書より総務課長と人事課長宛ての書類がある旨、連絡を受け、神戸事業所長らに連絡しました。また医師に連絡をして、状況を見ていただいたところ、死亡しているとの連絡があり、その後、警察に連絡して中央市民病院に搬送され、11時3分に死亡が確認されました。

 −−兆候は。

 ◆こういう兆候があったことは聞いていない。今後把握したい。CDBも理研もショックを受けている。小保方氏をはじめ手厚くサポートしていく。

 −−遺書は何通か。

 ◆秘書の机の上に1通。それとともに現場に3通あったと聞いている

 −−遺書は3通あったというが、どなたあてだったか?

 ◆ご勘弁ください。

 −−発見された時、小保方さんはどこにいた?遺書の公表は?

 ◆まだCDBに到着していなかったと思っている。公表についてはご遺族の心情を優先させていただきたい。

 −−遺書は現場に3通あった?

 ◆現場に3通、計4通。

 −−宛名は書いてあった?

 ◆現状では答えを控えさせてほしい。

 −−人事課長、総務課長宛ての遺書とのことだが、それは1通か。

 ◆部屋にも現場にも複数あった。

 −−笹井さんが病院に通っているなどの情報は。

 ◆健康管理の部門があるので、そちらで把握していたとは思う。

 −−思い当たるきっかけは。

 ◆特に思い当たる節はないんですが、笹井さん自身は検証やサンプルの確認にはノータッチなので、進捗(しんちょく)状況は報道を通して知る程度でご存じない。疲労困憊(こんぱい)、心身ともに疲れている状態だったと思う。

 −−笹井氏は以前の会見の時に理研のバッジを着けていた。今回は理研の施設内で自殺。外部の改革委から辞職も提言されたが、理研は笹井氏にどういう話をしていたのか。

 ◆懲戒の対象となりましたので、懲戒委員会は今ストップしているが、処分についてはしっかり受け取れるようにとお話しをしていた。調査委員会の結果が出た5月上旬だったと思う。その前の段階でも役員が笹井さんに会って話をしていた。

 −−確認ですが、自殺ということでいいか。

 ◆結構です。

 −−自殺の場所がなぜ理研なのか。

 ◆細かいところまで考えがいたっていない。

 −−ES細胞研究の第一人者を失った影響は。

 ◆再生医療、幹細胞研究、神経分野のトップランナーとして活躍してきた方。非常に大きいものと認識している。

 −−笹井さんはいつCDBに来たのか。

 ◆今朝来たのか、ゆうべ来て徹夜などしたのかは確認とれていない。

 −−笹井さんが、これまで辞意をもらしたことはなかったのか?

 ◆私は把握していない。

 −−竹市雅俊センター長などにも漏らしたことはなかったか?

 ◆事実関係はこれから確認する。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
  2. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  3. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化
  4. 厚労省、妊婦加算の自己負担廃止へ 「妊婦税」批判高まり
  5. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです