メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空き巣で外国人犯罪の情報ない 広島県警

大量の土砂が流れ込んだ生活道路=広島市安佐南区緑井で2014年8月26日午前8時5分、森園道子撮影

 広島市北部の土砂災害現場で空き巣が発生したことについて、「外国人による犯罪」と指摘する書き込みがインターネット上で広がっている。これに対し、広島県警は26日、「外国人が逮捕されたとの話は聞いていない」と否定した。

 同県警によると、現場の一つである同市安佐北区可部東では災害発生直後の20〜21日、住民が避難したすきを狙って空き巣が2件発生した。また安佐南区八木では21日、警察官を名乗る男女が民家を訪問したり電話をかけたりして、住民に避難を促すケースも発生。県警は住民に戸締まりなどの注意を呼びかけるほか、現場周辺のパトロールを強化している。

 これに関して、短文投稿サイト「ツイッター」などのソーシャル・ネットワーキング・サービスでは21日ごろから、空き巣が特定の国籍の外国人による犯行だと決めつける書き込みが続き、これを受けて「デマにだまされないで」との書き込みも増えている。県警広報課は「外国人の犯罪という情報はない。26日現在、容疑者が逮捕されたという情報もない」としている。【馬場直子/デジタル報道センター】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ギャンブル依存症対策 パチンコ出玉数3分の2程度に
  2. パチンコ・パチスロ 「遊技障害」の恐れ 国内に90万人
  3. ボクシング 山中慎介破ったネリが陽性反応 筋肉増強剤
  4. 九州豪雨 「今、流されよう」不明の女性、知人に
  5. カジノ法 パチンコ店など入場制限 依存症対策で政府検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]