メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィナーレで羽根を背負い、大階段を下りる花組新トップスターの明日海りお=兵庫県宝塚市の宝塚大劇場で2014年8月22日、加古信志撮影

新トップ、喜びと覚悟

 宝塚歌劇はスターのお披露目と卒業を繰り返し、一世紀のバトンをつないできた。100周年の春を盛り上げた5組のトップスターのうち、既に花組と雪組のトップが退いた。宙(そら)組と星組でも退団発表があり、世代交代が進んでいる。

 宝塚大劇場(兵庫県宝塚市)では現在、花組新トップスター、明日海(あすみ)りお(2003年入団)がお披露目公演の真っ最中。トップの象徴である一番大きな羽根を背負う顔には、頂点に立った喜びと組を率いる覚悟が浮かぶ。

この記事は有料記事です。

残り1244文字(全文1470文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  3. 堺市長、辞意固める 政治資金収支報告書に2億3000万円不記載
  4. 次期堺市長選に維新が候補擁立の意向 松井代表、竹山氏を批判「潔くなかった」
  5. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです