メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナイル.com

(30)髪は女の命〜イスラム女性の美容院

エジプトの首都カイロにある美容院。左奥のカーテンで仕切られたスペースに、女性だけが入れる「ヘジャブ専用室」が設けられている。手前のオープンスペースは主にキリスト教徒や外国人が利用する=2014年9月9日、ザイナブ・アジジ撮影

 【ザイナブ・アジジ(カイロ支局)】2007年に日本に1年間留学した時、私は一度も髪の毛を切りませんでした。正確に言うと切ってもらえる場所がありませんでした。「美しいところを他人に見せない」というイスラムの教え(※第3回「ヘジャブの着用」参照)に従って、ヘジャブ(スカーフ)を着用しているため、男性の目に触れる場所で髪を切るわけにはいかなかったのです。

 女性が髪を大事にするのは世界共通だと思います。私も、女性の髪は「王冠」に等しいと思っており、日本に…

この記事は有料記事です。

残り836文字(全文1062文字)

ザイナブ・アジジ

1987年、カイロ生まれ。アインシャムス大学(カイロ)で日本語を専攻。2007年に東京外国語大学に留学。これまでに大阪府や静岡県でホームステイの経験がある。11年2月に毎日新聞カイロ支局に入り、特派員の取材サポートなどを担当している。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです