メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体に優しい温泉の入り方

入浴は1日3回まで 朝風呂にはリスクも

主な掲示用泉質と特徴

スーパー銭湯にも効果

 秋の訪れとともに、湯煙が恋しくなる。日本人は、温泉地の年間宿泊者数が延べ1億人を超える大の温泉好き。上手に付き合えば「天の恵み」ともいうべき効果も得られるという。どういう泉質の湯に、どのように入浴したらよいのか。専門家に聞いた。【田村彰子】

 環境省の温泉利用状況調査(2012年度)によると、国内の温泉地は実に3085を数える。それらは温泉法に基づき、11種類の「掲示用泉質」に分類される。

 脱衣場の壁には、泉質とともに「効能」や「適応症」が表示されている。「残念ながら、その全てが医学的根…

この記事は有料記事です。

残り1864文字(全文2120文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  4. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです