メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

ギャンブル依存は病気ですの巻

大人の20人に1人が…治療施設不足なのにカジノ誘致!?

[PR]

最近、ギャンブル依存症の人が増えてきているようです。 厚生労働省の調査によると、成人人口の4・8%、およそ20人に1人に当たる536万人がギャンブル依存症だと推計されています。 ちなみに男性は12人に1人の割合だそうです。
ところで、「病的ギャンブラー」に当たる人の割合が日本人は際立って高いようです。 依存症で多いのはパチンコとパチスロです。 パチンコは余暇市場の3割にも上り、依存症問題は90年代に表面化しました。
一度味わった楽しかった経験などの原因となった行動を何度も繰り返してしまう「条件付け」が依存症の仕組みです。 また、治療を受けられるところは全国でも少ないのが現状となっています。 しかし、国は現在、国が認めた「特区」に対してのみ、カジノもできる統合施設(IR)の建設を推進する法案を検討しています。
シンガポールやマカオなどに倣い税収や雇用、景気拡大を狙っているそうです。 しかし、カジノは客寄せのためにホテルや商業施設の価格を安く設定するので、近隣のお店の売り上げが減ってしまうという懸念もあります。 依存症にならないためにもギャンブルをするときには気をつけましょう。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです