メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大衆作家・ガルシア・マルケス

メルキアデスは2度死ぬ、で、まだ生きてる

ガルシア=マルケスの世界、コロンビア北部、カルタヘナで2005年2月、藤原章生写す

 ガルシア=マルケスと言えば、やはりセックスとスピリチュアルである。

 などと書けば、「それだけか!」と文学関係の人に怒られそうだが、ギリシャ神話や「ドン・キホーテ」などスペイン文学との関連を探る、学問としての読み方はこの際置いといて、大衆がなぜ彼の作品を好むのか、その一点を軸に考えたい。

 ジャーナリストを経て文学を志したマルケスは、初期の短編作品があまり読まれなかった。それを気にしていたのか。後に世界中の読者をつかむことになる出世作、1967年発表の「百年の孤独」では、かなりのサービス精神を発揮している。

 当時暮らしていたメキシコ市の小さな書斎に閉じこもり、食事もまともにとらず、インスピレーションのまま…

この記事は有料記事です。

残り5665文字(全文5970文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  3. 「戦争の世紀」研究 現代史と国際政治の視点から/25 ノモンハン事件 転機はらんだ限定戦
  4. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  5. 障害者雇用 「なめられた」 国の不正に怒りやあきれ声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです