メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大衆作家・ガルシア・マルケス

メルキアデスは2度死ぬ、で、まだ生きてる

ガルシア=マルケスの世界、コロンビア北部、カルタヘナで2005年2月、藤原章生写す

 ガルシア=マルケスと言えば、やはりセックスとスピリチュアルである。

 などと書けば、「それだけか!」と文学関係の人に怒られそうだが、ギリシャ神話や「ドン・キホーテ」などスペイン文学との関連を探る、学問としての読み方はこの際置いといて、大衆がなぜ彼の作品を好むのか、その一点を軸に考えたい。

 ジャーナリストを経て文学を志したマルケスは、初期の短編作品があまり読まれなかった。それを気にしていたのか。後に世界中の読者をつかむことになる出世作、1967年発表の「百年の孤独」では、かなりのサービス精神を発揮している。

 当時暮らしていたメキシコ市の小さな書斎に閉じこもり、食事もまともにとらず、インスピレーションのまま…

この記事は有料記事です。

残り5665文字(全文5970文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙
  3. 伊藤園 業界初、缶入り「とん汁」22日発売 豚肉なし
  4. プロ野球CS 広島が2年ぶり日本シリーズ出場 8回目
  5. 新幹線姫路駅 男性はねられ死亡 東京-博多一時見合わせ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです