メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「男役として培ったことを生かし、作品によって変化する女優になりたい」と語る湖月わたる=神戸市中央区で、三浦博之撮影

男の匂い、生かして殺して

 宝塚の男役の型が完成するまでには10年かかると言われる。長年鍛錬を積んでも、宝塚を卒業すると、男役は終わり。トップスターも男役の殻を脱ぎ、その多くが女優への新たな道を歩み始める。

 「太地喜和子さんみたいな色気のある女優さんになろうと思ったけど、10年くらいで無理と気づいた。それでスポーティーな女優になろうと思ったのね」。男役を極めた元星組トップスターの鳳蘭(在団年1964〜79)は、女優転身時の難しさをこう表現していた。「男役を封印することはできない。だから、そこに色を付けていったの」。こうして元トップたちがたどり着く女優像は、十人十色だ。

この記事は有料記事です。

残り1528文字(全文1814文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです