メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「男役として培ったことを生かし、作品によって変化する女優になりたい」と語る湖月わたる=神戸市中央区で、三浦博之撮影

男の匂い、生かして殺して

 宝塚の男役の型が完成するまでには10年かかると言われる。長年鍛錬を積んでも、宝塚を卒業すると、男役は終わり。トップスターも男役の殻を脱ぎ、その多くが女優への新たな道を歩み始める。

 「太地喜和子さんみたいな色気のある女優さんになろうと思ったけど、10年くらいで無理と気づいた。それでスポーティーな女優になろうと思ったのね」。男役を極めた元星組トップスターの鳳蘭(在団年1964〜79)は、女優転身時の難しさをこう表現していた。「男役を封印することはできない。だから、そこに色を付けていったの」。こうして元トップたちがたどり着く女優像は、十人十色だ。

この記事は有料記事です。

残り1528文字(全文1814文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. NGTから卒業の山口真帆「アイドル辞める」 芸能活動は続行「夢に向かって」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです