メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京地裁、ゴーン被告の保釈請求再び却下
「男役として培ったことを生かし、作品によって変化する女優になりたい」と語る湖月わたる=神戸市中央区で、三浦博之撮影

男の匂い、生かして殺して

 宝塚の男役の型が完成するまでには10年かかると言われる。長年鍛錬を積んでも、宝塚を卒業すると、男役は終わり。トップスターも男役の殻を脱ぎ、その多くが女優への新たな道を歩み始める。

 「太地喜和子さんみたいな色気のある女優さんになろうと思ったけど、10年くらいで無理と気づいた。それでスポーティーな女優になろうと思ったのね」。男役を極めた元星組トップスターの鳳蘭(在団年1964〜79)は、女優転身時の難しさをこう表現していた。「男役を封印することはできない。だから、そこに色を付けていったの」。こうして元トップたちがたどり着く女優像は、十人十色だ。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  2. 「ご説明したい」小室圭さん見解全文
  3. 100円カップで150円ラテ 窃盗容疑で62歳男逮捕 常習か 福岡
  4. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
  5. 北海道のベトナム人実習生21人解雇の恐れ 愛知の青果卸売会社

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです