メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コトバ解説

「軟水」と「硬水」の違い

日本の水はだしを取るのに最適! その理由はアレとアレの量

[PR]

「軟水」と「硬水」の違い
千鶴さんは「硬水」が苦手なようです。
「硬水」は日本人にはなじみが薄いため、喉に引っかかる感じがどうしても飲みにくい、と感じる人もいます。
水1リットル当たりに含まれるカルシウムとマグネシウムの量(ミリグラム)を「硬度」と言います。 「軟水」と「硬水」はこの値によって分類されています。 世界保健機構(WHO)の基準では、硬度120未満を「軟水」、120以上を「硬水」としています。 ただし、日本においては、100未満の水を「軟水」、100~300未満を「中硬水」、300以上を「硬水」とするのが一般的。
硬度は、天然の水が湧き出る地形に大きく関係しており、国土が狭く、雨水が地中にとどまる時間の短い日本では、ミネラル分をあまり含まない「軟水」が多くなるのです。 反対に、国土が広く、雨水が地中にとどまる時間の長い北米や欧州では「硬水」が多いようです。 「軟水」は、だしを取る、お茶をいれる、米を炊くといった調理に向いていて、「硬水」はあくをよく出すので、シチューなど、肉を使った煮物に向いています。 また、「硬水」はミネラル分を多く含むため、運動後に摂取するのに最適です。
運動後には硬水がいいです。
汗をかいたりした後は、ミネラル分を補給する方がいいためです。 ただし、飲み慣れていない人にとっては胃腸への負担になることもあるため、少しずつ飲むことをおすすめします。 料理をする時に使い分けてみるのもいいですね。
「軟水」とは、硬度100未満で、素材の邪魔をしない水のこと。 「硬水」とは、硬度300以上で、あくを取る働きもある水のこと。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  4. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです