メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

図解で納得

未体験スポーツに挑戦

運動している人は減少傾向…初心者向きの楽しい競技を紹介!

[PR]

スポーツの秋! 未体験の競技にチャレンジしたい!
スポーツの秋になりましたが、アジア大会で初めて見たスポーツもあるのではないでしょうか。 マイナーだけれど魅力的なスポーツはまだまだある。 運動不足の解消にオススメなスポーツを紹介します。
ジョギングの流行などにより、運動している人が増加したイメージがあるかもしれません。 実は、過去30年の統計では、1991年をピークに、スポーツをする人は徐々に減少していることが分かっています。 バブルの頃の方が、日本人は運動していたのですね。
運動不足を実感している人や「ジョギングはどうも長続きしない」という人に、未体験でも楽しめそうな競技をオスススメ。 フランス発祥の「ペタンク」や南アジアで数千年の歴史がある「カバディ」、旧西ドイツ生まれの「インディアカ」などの競技はいかがでしょう。
また、サッカーやテニスなど既存の競技をアレンジしたスポーツも。 実力の差が出にくいので、誰でも楽しめるかもしれません。 このようなスポーツには、ノルウェーのテレビ番組から誕生した「バブルサッカー」やスペイン生まれで「テニス」のダブルスと「スカッシュ」をアレンジした「パデル」などの競技があります。
虎鉄先生も「バブルサッカー」に挑戦中です。
「バブルサッカー(フットボール)」は主催団体がバブルの貸し出しを行っています。 ボールの上に乗る「オーバーボール」や頭の空洞部分にボールが入る「ヘッドイン」、ボールを持たないプレーヤーに故意にぶつかる「バブルバンプ」は反則。
綱渡りのように二つの地点の間に張ったベルトの上を歩いたり、トランポリンのように飛び跳ねたりする「スラックライン」という競技も。 持ち時間の中でパフォーマンスを披露する選手権なども行われているんだとか。 東南アジアで古くから行われている「セパタクロー」は、サッカーとバレーボールを組み合わせたような競技。 「セパタクロー」という名前はマレー語で「蹴る」という意味の「セパ」とタイ語で「籐で編んだボール」という意味の「タクロー」から来ています。 また、仁川アジア大会では、谷井孝行選手が男子50キロ競歩で日本勢初の金メダルを獲得しましたが、競歩は両足が同時に地面から離れると失格です。 五輪種目だけがスポーツではありません。 けがには十分に注意して、挑戦してみてはいかがでしょうか。 それぞれの競技協会や実施しているサークルなどに問い合わせてみましょう。
アジア大会の公式種目の「カバディ」や「セパタクロー」のほか、テレビ番組発祥の「バブルサッカー」など、いろいろあります。 自分に合ったスポーツを探してみよう。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  4. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです