メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月組「PUCK」新人公演の初主演を終えてほっとした表情を見せる朝美絢(右)とヒロイン役の海乃美月=兵庫県宝塚市の宝塚大劇場で2014年10月21日、田中博子撮影

舞台中央、輝く日を夢見て

 宝塚歌劇では、普段スポットライトを浴びることのない若手も、舞台の中央で輝ける日がある。約1カ月の公演中に1回きり、入団7年目までの劇団員だけで上演する新人公演(新公)だ。トップスターへの登竜門でもあり、チケットが入手困難な人気公演になっている。

 21日に宝塚大劇場であった月組新公「PUCK(パック)」の終演後、初主演だった男役の朝美絢(じゅん)(2009年入団)は満員の客席を見渡し、涙で声を詰まらせた。「こうしてこの場に立てるのが夢のようです」。ローラースケートがうまく履けないトラブルが起きても、アドリブで笑いに変える度胸も見せた。「お客様は神様だなと思いました」。少年のようにはつらつとやんちゃな妖精役は、まだ若い朝美にぴったり。客席は大きな拍手に包まれた。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「小中学生は大外刈り禁止を」 中一の娘亡くした父がネットで発信 全柔連相手に賠償提訴も
  2. 大坂が日本勢初の決勝進出 全豪テニス
  3. ORICON NEWS 吉田沙保里さん、ファンの声で引退実感「肩の荷が下りた」 20年ぶりの市販薬の効き目に驚き
  4. 大坂なおみ、世界ランク1位の条件 WTA公式サイトが伝える
  5. 大坂なおみの肌を白く表現したPRアニメ  日清食品が削除し謝罪  米マネジメント会社も削除要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです