メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外強制不妊救済法が成立
月組「PUCK」新人公演の初主演を終えてほっとした表情を見せる朝美絢(右)とヒロイン役の海乃美月=兵庫県宝塚市の宝塚大劇場で2014年10月21日、田中博子撮影

舞台中央、輝く日を夢見て

 宝塚歌劇では、普段スポットライトを浴びることのない若手も、舞台の中央で輝ける日がある。約1カ月の公演中に1回きり、入団7年目までの劇団員だけで上演する新人公演(新公)だ。トップスターへの登竜門でもあり、チケットが入手困難な人気公演になっている。

 21日に宝塚大劇場であった月組新公「PUCK(パック)」の終演後、初主演だった男役の朝美絢(じゅん)(2009年入団)は満員の客席を見渡し、涙で声を詰まらせた。「こうしてこの場に立てるのが夢のようです」。ローラースケートがうまく履けないトラブルが起きても、アドリブで笑いに変える度胸も見せた。「お客様は神様だなと思いました」。少年のようにはつらつとやんちゃな妖精役は、まだ若い朝美にぴったり。客席は大きな拍手に包まれた。

この記事は有料記事です。

残り1174文字(全文1520文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 孫正義氏、ビットコインで145億円損失か
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. ごみ部屋 女性を救出…体埋もれ、両足壊死
  5. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです