メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コトバ解説

「オーバーオール」と「サロペット」の違い

上着に胸当てとつりひもが付いたつなぎ服 何がどう違う?

[PR]

「オーバーオール」と「サロペット」の違い ギョロ星人「よりキュートになったギョロ」
ギョロ星人が「サロペット」を着ています。
ケビンは「オーバーオール」と呼びました。 ギョロ星人は「サロペット」にこだわっています。 この二つ、どこがどう違うのでしょうか?
「オーバーオール」と「サロペット」。 この二つは基本的には「同じもの」。 上下がつながっている「つなぎ」服で、上着の部分に胸当てとつりひもがついています。 元々は農作業などで汚れる時に着る作業着でした。 違いは「オーバーオール」が英語、「サロペット」が仏語ということだけ。
日本のお店では「オーバーオール」と「サロペット」、どちらも売られています。 それらを見渡してみると、傾向はありそうです。 「オーバーオール」はデニム地のものが多く、男性向けと女性向けの両方があります。 一方の「サロペット」はデニム地以外にもいろいろな生地を使用していて、女性向けが多いようです。 スタイルもさまざまで、胸当てのないものもあります。 これらの他にも、「オールインワン」、「コンビネーション」、「コンビネゾン」、「ロンパース」といった言葉も「つなぎ」服を意味するものです。
ママン……。
ギョロ星人はまだ「サロペット」にこだわっています。 ケビンによると、ギョロの場合は、「ロンパース」っぽいとか。 「ロンパース」は元々、赤ちゃん用のつなぎを指す言葉。ギョロ星人は幼児体形ですからね。
「オーバーオール」は英語でつなぎ服のこと。デニム地が多い。 「サロペット」は仏語でつなぎ服のこと。素材、スタイルは多様。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕
  2. 慰安婦像 安倍首相「受け入れ拒否を申し入れた」
  3. ジンバブエ 副大統領を解任 後任に大統領の妻就任へ
  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  5. 詐欺容疑 カツ丼平らげ「無銭飲食しました」自ら110番

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]