メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゆるキャラGP優勝

制作者の県職員 ぐんまちゃんはわが子

中嶋さんがこだわったのは目と口の配置や形。「見た人の気持ち次第で楽しそうにも悲しそうにも見える表情」にしたという=前橋市の群馬県庁で、尾崎修二撮影

 ゆるキャラグランプリ(GP)2014で初優勝を果たした「ぐんまちゃん」は、群馬県職員の中嶋史子さん(47)=前橋市=によって今から20年前にデザインされた。「この子と一生、一緒に生きていく。そんな思いで描きました」。中嶋さんの願いは一つ。我が子のようにかわいがるぐんまちゃんが、これからも長く県内外で親しまれる存在であり続けることだ。

 中嶋さんは学生時代にデザイン事務所で働き就職後も仕事の一環でポスター製作を手がけていた。1994年…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 反省 熊本県玉名市・立石史子(65歳)
  2. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
  3. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  4. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  5. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです