メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

兄はやぶさの奇跡 60億キロの旅を振り返る

イトカワに近づく小惑星探査機「はやぶさ」=イラスト池下章裕さん、JAXA提供

 生命の起源の解明を目指す小惑星への旅に、はやぶさ2が出発しました。はやぶさ2の先輩にあたる初号機はやぶさが地球へ帰還したのは4年半前。はやぶさの波瀾(はらん)万丈の旅から、はやぶさ2は多くのことを学んだとされています。はやぶさの旅を振り返り、はやぶさ2の今後の大航海に思いをはせてみましょう。

1985年、小さな研究会から生まれた壮大プラン

 はやぶさ2の「先輩」探査機、はやぶさは2003年5月、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所のロケット発射場から、M5ロケットに搭載して打ち上げられました。

 はやぶさの構想が生まれたのは1985年。当時、文部省宇宙科学研究所の小さな研究会の場でした。そこで…

この記事は有料記事です。

残り3451文字(全文3749文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起
  3. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです