メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

対応漏れや炎上対策も備えたリレーション クラウドで提供

「Re:lation(リレーション)」を扱うインゲージのサイト

 メールの対応漏れを防ぐメール管理サービス「Re:lation(リレーション)」を、IT企業のインゲージ(大阪府茨木市、和田哲也社長)が開発した。ネット炎上対策も備えている。クラウドサービスとして提供され、ネット環境があればどこからでも利用でき、ソフトのインストールは不要だ。

 従来の「一つのIDに一つの受信箱」ではなく、グループのメンバーそれぞれのIDでメールにアクセスできる。そのためクレーム対応漏れなどを防ぎ、送られて来た問い合わせメールの返信を誰が、いつ行ったのかも分かる。メール対応履歴はタイムラインで閲覧でき取りこぼししない。管理者は、受信したメールそれぞれに対し、あらかじめ担当者を設定することも可能だ。

 また、炎上監視機能として、自社名や商品・サービス名を基に、ツイッター上の投稿を自動的に取得した上で、「リレーション」で一元管理する機能もある。「リレーション」上にそれらツイートが表示され、そのまま返事をすることもできる。

 無料トライアルもある。問い合わせは同社(http://ingage.co.jp/)。【高橋望】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電通違法残業 「長時間労働は思考奪う」漫画で訴え
  2. 河野外相 北朝鮮との「断交」要求 米講演で各国に
  3. 外国人売春強要 なぜなくならない? 伊香保温泉で相次ぐ
  4. 性暴力の現場で 兄から虐待 親の反対で被害訴えず 群馬
  5. 東大 セックスでの同意とは…「キャンパスレイプ」なくせ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]