メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おんなの時代

山口百恵さんの「原点」横須賀を歩く

【写真1】山口百恵さんが中学まで暮らした公営団地 

 「私の原点は、あの街−−」

 山口百恵さん(55)が自叙伝「蒼い時」でこうつづった横須賀を訪ねた。米軍基地にほど近い京急汐入駅からバスに10分ほど揺られると、高台に公営団地=写真(1)=が見えて来る。高度経済成長期に入った60年代に山を切り崩して建てられたこの団地に、山口さんは小学2年生から中学生でデビューするまで母と妹の3人で暮らしていた。 

 外壁はひび割れ、空き部屋も目立つ。高齢世帯が多くなり、外国人住民も増えたという。団地に住む70代の…

この記事は有料記事です。

残り1365文字(全文1588文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  3. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです