メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

阪神大震災で亡くなった加藤貴光さんが母りつこさんに宛てた手紙全文

加藤貴光さんが母りつこさんに残した手紙=広島市安佐北区で2014年11月24日、大西岳彦撮影

 阪神大震災で亡くなった大学生、加藤貴光さん(当時21歳)が母りつこさんに宛てて、震災の2年前(1993年春)に託した手紙を掲載します。

    ◇

親愛なる母上様

 あなたが私に生命を与えてくださってから、早いものでもう20年になります。これまでに、ほんのひとときとして、あなたの優しく、温かく、大きく、そして強い愛を感じなかったことはありませんでした。

 私はあなたから多くの羽根をいただいてきました。人を愛すること、自分を戒めること、人に愛されること……

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  4. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  5. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです