メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮部みゆきさん 新作「悲嘆の門」を語る

「悲嘆の門・上」宮部みゆき・著(毎日新聞社/税抜き1600円)
「悲嘆の門・下」宮部みゆき・著(毎日新聞社/税抜き1600円)
宮部みゆき(みやべ・みゆき)1960年生まれ。東京都出身。東京都立墨田川高校卒業。法律事務所等に勤務の後、87年「我らが隣人の犯罪」でオール読物推理小説新人賞を受賞してデビュー。1992年「龍は眠る」で第45回日本推理作家協会賞長編部門、同年「本所深川ふしぎ草紙」で第13回吉川英治文学新人賞。1993年「火車」で第6回山本周五郎賞。1997年「蒲生邸事件」で第18回日本SF大賞。1999年「理由」で第120回直木賞。2001年「模倣犯」で毎日出版文化賞特別賞、第5回司馬遼太郎賞、第52回芸術選奨文部科学大臣賞文学部門をそれぞれ受賞。2007年「名もなき毒」で第41回吉川英治文学賞受賞。2008年英訳版「BRAVE STORY」でThe Batchelder Award受賞

 「英雄の書」から6年、待望の新刊が発売された。日本を震撼(しんかん)させる連続殺人、ネット社会で起こる数々の事件、一変してミステリー色が強まった「悲嘆の門」について、どのような思いで向き合ってきたのか聞いた。

    「英雄の書」と「悲嘆の門」

    宮部さん 本作は「英雄の書」と同じ世界設定を使っていますし、同じキャラクターも登場しますが、「英雄の書」では描けなかった、「英雄」になってしまう側を書きました。続編ではなく、合わせ鏡のような作品になっています。単独で読んで、どれだけサスペンスを感じてもらえるか、試行錯誤しながら書きました。前半部分は、サイコ・ホラーとしても、楽しんでいただけると思います。

    主人公のこと

    宮部さん ネットの力が大きいこと、ネットが社会を根本的に変えたことは、ネット使いではまったくない、私のような人間にも実感できます。震災の時もそうでしたが、多様な情報が流れる、その中には、専門家の普段なかなか聞くことのできない声が聞けたり、すごくたのもしいと思うと同時に、情報が錯綜(さくそう)していて、何が正しいのか、見分けがつかない。本当に大きな革命だと思うから、いちど、ネット社会のはしっこでもいいから、働いている人を主人公にしたいと考えていました。ただ私には、ハッカーやプログラマーといったプロフェッショナルではなく、ごく平凡なユーザーで、先輩に誘われてアルバイトで始めてみた、くらいのレベルがちょうどいい。それが主人公の三島孝太郎でした。

     彼の仕事はサイバーパトロールというものですが、執筆前、実際に都内にあるネット監視会社を取材しました。オフィスの様子など、描写にふんだんに使わせていただいています。とはいえ、そういう会社が現実にどんな業務をしているのか、詳しくは書きたくなかったので、ここに書かれている会社は、現実とは違います。作り話をいっぱいしました(笑い)。

    言葉は行動

    宮部さん 「悲嘆の門」を書いている時、「これは自戒しなきゃいけないな」と思ったことがあります。私は言葉で生業を立てているのだから、言葉が私の行動なんですよね。きたないことを言ったり、いやしいことを言ったりすると、それがすべて自分に跳ね返るんだなあと、考えたんです。

     そう考えると、言葉を生業にしている小説家以上に、ネットは言葉が行動、言葉だけが発信者の存在そのものなので、それはそれで怖いなと思います。辛らつなことを言ったり、大それたことをしてやるとか、そういう言葉は、自分ひとりで日記に書くだけでも自分の中に残るものなのに、ネットの中で発信すると、ネットの中の自分にとって、行動したことと同じになる。自分の中に蓄積されていったものが、後々どういう効果をあらわすのか、わからないですよね。ネット社会のルールを守る、守らないということだけではなくて、ネット使いの人ほど、ネットを愛している人ほど、言葉を愛しているはずだと思います。言葉を愛して、信頼を置いている人が、よきネット使いなんだろうなあと、書きながら思いました。

    事件という物語

    宮部さん 「悲嘆の門」は2年間にわたり週刊誌に連載したのですが、その期間中、たとえば行方のわからない高齢者の問題が突然話題になって、いったんニュースになると、どんどん見つかり始めるということがありました。それまでまったく気付かれなかった事柄が、ひとつの事件として<物語化>したことで、 次々と出てくるようになる。ある物質の結晶を誰かが発見すると、同様の発見が相次ぐようなことは、あると思うんですね。事件の物語化ということは、ノンフィクション作家の方々もおっしゃっていますね。私は小説家だから、基本的に取材はしても、それをそのまま書いたりはしません。 だけど、物語を生むというのは、本当に怖い作業だなと思います。

    闇の奥へすすむ

    宮部さん 言葉は行動で、その人自身なら、言葉を「視(み)る」ことのできる人は、何を目にするでしょうか。私はどこかでふと、ジョセフ・コンラッドの「闇の奥」(映画「地獄の黙示録」原作)を思いながら本作を書きました。「悲嘆の門」は三島孝太郎が、自分の心の奥を流れるまっ暗な川をさかのぼってゆく話でもあります。ちょっと変わったミステリー、ちょっと変わったホラーとして、ええ!こんな話だったのと、驚いていただけたらうれしいです。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 法科大学院 立教大と桐蔭横浜大が募集停止を公表
    2. 千葉女児殺害 元保護者会長を起訴 DNA型一致で判断 
    3. 吉本新喜劇 初の女性座長…30歳の最年少、酒井藍さん
    4. 千葉・我孫子の女児殺害 渋谷容疑者を送検
    5. 大阪府警 淀川署員の膝蹴り場面 動画がツイッターに

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]