メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

著者インタビュー

宮部みゆきさん 新作「悲嘆の門」を語る

「悲嘆の門・上」宮部みゆき・著(毎日新聞社/税抜き1600円)

 「英雄の書」から6年、待望の新刊が発売された。日本を震撼(しんかん)させる連続殺人、ネット社会で起こる数々の事件、一変してミステリー色が強まった「悲嘆の門」について、どのような思いで向き合ってきたのか聞いた。

「英雄の書」と「悲嘆の門」

宮部さん 本作は「英雄の書」と同じ世界設定を使っていますし、同じキャラクターも登場しますが、「英雄の書」では描けなかった、「英雄」になってしまう側を書きました。続編ではなく、合わせ鏡のような作品になっています。単独で読んで、どれだけサスペンスを感じてもらえるか、試行錯誤しながら書きました。前半部分は、サイコ・ホラーとしても、楽しんでいただけると思います。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  3. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  4. ORICON NEWS 第160回「芥川賞」「直木賞」が決定 古市憲寿氏は逃す「がーーーーーん」
  5. 五輪コンサルの男に禁錮刑 シンガポール地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです