メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

年内に18年ぶりの第2巻出版

孤独のグルメ新装版=扶桑社提供

 中年男性が独りで食事するシーンを淡々と描いてブームとなった漫画「孤独のグルメ」(扶桑社)の第2巻が、今年中に出版される見通しとなった。1997年に第1巻が出版されて以来、18年ぶり。原作者の久住昌之氏(56)が、毎日新聞のインタビューで明らかにした。

 「孤独のグルメ」は、久住氏が原作、谷口ジロー氏が作画を担当し、扶桑社の「月刊PANJA」(休刊)に94〜96年に連載された。連載終了後の97年、掲載作をまとめた単行本が出版されたが、3刷で絶版となっている。

 2000年に文庫化されてからは増刷を重ね、08年には新装版として「復刊」、ロングセラーとなった。12年にはテレビ東京がドラマ化。俳優・松重豊さん演じる五郎の豪快な食べっぷりが人気を呼び、シーズン4まで放送されている。

 独身の輸入雑貨商である井之頭五郎が仕事で外出した帰り、気になる店で独り食事を楽しむというストーリー。実在する店が舞台になっていることから、五郎が訪れた店を訪ね、五郎と同じメニューを注文して同じセリフをつぶやく「五郎ちゃんごっこ」がファンの間に広がった。また、ドラマが深夜帯の放送だったことから「夜食テロ」という新語も生まれた。

 久住氏はインタビューで、人気の背景やドラマ化の裏話、自身の子どもの頃の「食」にまつわる思い出も語っている。

 「孤独のグルメ」第2巻は、08年から週刊「SPA!」に断続的に掲載されたものをまとめる。久住氏によると、谷口氏は「1コマに1日かける」ほど精密な画風で知られ、まとまった本数に達するのに時間を要したという。ファンにとっては18年間、待ちに待った新刊となりそうだ。

 「孤独」ブームは海外にも及び、漫画はすでにイタリア語、フランス語、スペイン語など8カ国語に翻訳された。今年中の中国本土での出版が決まったほか、デンマークとポーランドでの出版準備も進んでいるという。【元村有希子@chibigenome/デジタル報道センター】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 息子と彼女 名古屋市守山区・種田幸子(主婦・46歳)
  2. タクシー突入 「車の不調聞いていない」…容疑者の家族
  3. タクシー突入 病院に悲鳴響く…「お母さん」泣きすがる子
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. 記者の目 日露 北方領土問題の焦点=前田洋平(政治部)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]