メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 【ザイナブ・アジジ(カイロ支局)】「なぜ罪のない人があんな悪魔のような集団に殺されないといけないの。もうこれ以上、イスラム教の評判を悪くしないでほしい」。イスラム過激派組織「イスラム国」(IS)が日本人の人質を殺害したと発表した時、私たち、イスラム教徒は深く悲しんだ。何の罪もない人が殺されたことが痛ましい。そして、イスラム教の聖典(コーラン)や預言者ムハンマドの言行録(ハディース)の文章を使って、自分たちに都合の良い解釈を示し、それに基づいて、罪を犯す「鬼の集まり」に対して強い怒りを感じた。

 ISの勢力は昨年から急拡大した。私は昨年秋、ISの主張がどんなものか確かめようと、ウェブ版のIS機…

この記事は有料記事です。

残り1565文字(全文1864文字)

ザイナブ・アジジ

1987年、カイロ生まれ。アインシャムス大学(カイロ)で日本語を専攻。2007年に東京外国語大学に留学。これまでに大阪府や静岡県でホームステイの経験がある。11年2月に毎日新聞カイロ支局に入り、特派員の取材サポートなどを担当している。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飲酒運転で阪神高速逆走、正面衝突 4人軽傷被害 36歳男を逮捕
  2. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  3. 「介護しているのに文句ばかり」夫の口を塞ぐ妻を逮捕 容疑は殺人未遂 大阪
  4. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  5. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです