メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 【ザイナブ・アジジ(カイロ支局)】「なぜ罪のない人があんな悪魔のような集団に殺されないといけないの。もうこれ以上、イスラム教の評判を悪くしないでほしい」。イスラム過激派組織「イスラム国」(IS)が日本人の人質を殺害したと発表した時、私たち、イスラム教徒は深く悲しんだ。何の罪もない人が殺されたことが痛ましい。そして、イスラム教の聖典(コーラン)や預言者ムハンマドの言行録(ハディース)の文章を使って、自分たちに都合の良い解釈を示し、それに基づいて、罪を犯す「鬼の集まり」に対して強い怒りを感じた。

 ISの勢力は昨年から急拡大した。私は昨年秋、ISの主張がどんなものか確かめようと、ウェブ版のIS機…

この記事は有料記事です。

残り1565文字(全文1864文字)

ザイナブ・アジジ

1987年、カイロ生まれ。アインシャムス大学(カイロ)で日本語を専攻。2007年に東京外国語大学に留学。これまでに大阪府や静岡県でホームステイの経験がある。11年2月に毎日新聞カイロ支局に入り、特派員の取材サポートなどを担当している。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 質問なるほドリ 非正規雇用、増えているの? 年々増加 過去最多2036万人に=回答・福島祥
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです