メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

燃料電池車

究極の環境車に乗ってみた ホンダのクラリティ

ホンダの燃料電池車「FCX CLARITY(クラリティ)」

 燃料電池車(FCV)の普及に不可欠な水素ステーションの設置を促進する「水素供給・利用技術研究組合」(東京都港区)の主催で、自動車メーカー各社が開発しているFCVの試乗会が開かれた。FCVは水素と空気中の酸素で発電した電気で走り、走行中に有害な排ガスを出さない究極の環境車だ。FCVのハンドルを実際に握って運転した印象をリポートする。【仲村隆】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アイス ピノがCMをやめた理由
  2. 城に県庁鎮座は「ひんしゅく」 福井県で議論へ
  3. 韓国との協議打ち切り 防衛省が最終見解 レーダー照射音公開
  4. ORICON NEWS “冬アイス”定着の陰で『100円みぞれ』が販売終了、ふわサク「進化系かき氷」戦争へ
  5. 愛媛県庁前で男性倒れる 手に拳銃か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです