メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ソフトバンクが2年連続で日本シリーズ進出 プロ野球CS
ハリウッド万華鏡

(10)アンジェリーナ効果の価値

 【ロサンゼルス堀山明子】米ハリウッド女優、アンジェリーナ・ジョリーさん(39)が、がん予防措置として3月半ばに卵巣と卵管の摘出手術も受けた。BRCA1と呼ばれる乳がんや卵巣がんを発症しやすい遺伝子変異があり、2013年5月の両乳房切除に続く決断だ。2年前はジョリーさんの影響で遺伝子検査の問い合わせが倍増。今回も「アンジェリーナ効果が再来か」(ABCテレビ)と、米メディアは大きく取り上げている。

 24日の米紙ニューヨーク・タイムズで「簡単な決断ではなかったが、選択肢を学び、選ぶ権利がある。知識…

この記事は有料記事です。

残り1172文字(全文1421文字)

堀山明子

1991年入社。静岡支局、夕刊編集部、政治部などを経て2004年4月から09年3月ソウル支局特派員。北朝鮮核問題を巡る6カ国協議を取材をしたほか、夕刊コラム「韓流ざんまい」を連載した。11年5月から現職。ロス暴動20年の企画記事や夕刊コラム「サラダボウル」の連載を通じ、米国の多民族・多文化社会の実情に追っている。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ハロウィーン 飼育員食べられた?ピラニアの水槽に骸骨
  2. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  3. ひき逃げ 容疑で26歳男を逮捕 男性重体 沼田 /群馬
  4. 検証 記者死亡、サウジ総領事館で何が 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末
  5. ボクシング 村田がブラントに判定で敗れる 防衛失敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです