メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田老地区 母と子

看護師の夢へ再挑戦 娘をそばで支える母

永都さん(左)、一慶さん(右)に挟まれたヒデさん。自転車通学する一慶さんが野球部の練習で遅くなる夜は、昨年買った軽トラックで迎えに行く=3月16日

 壇上へ向かう足が震えた。震災から4年たった3月11日。岩手県宮古市の追悼式で、山本永都(ひさと)さん(21)は遺族代表としてあいさつした。

 「なぜ父が水門を閉めに行かなければならなかったのか。震災直後は、母を問い詰めてしまうことがたびたびありました。今では、住民を守ってくれた父を誇りに思います」。参列者のすすり泣きが聞こえた。悲しみのもとは別でも、気持ちを重ねてくれているように思えた。「乗り越えようとしているのは私たち家族だけじゃない」。力が湧いた。

 式の後。母のヒデさん(49)、弟の一慶(いっけい)さん(16)と田老の街を歩いた。自宅跡はかさ上げ…

この記事は有料記事です。

残り949文字(全文1227文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 吉川市 市長、職員の暴言謝罪 抗議受けALS患者に /埼玉
  5. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです