メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中東欧見聞録

(6)さようなら 「ミスター・オーストリア」

ノルベルト・ロッパーさん(右)とピエールさん親子=2014年12月1日、坂口裕彦撮影

 「ミスター・オーストリア」が眠るひつぎには、心から愛した名門プロサッカーチーム「FKオーストリア・ウィーン」の紫のユニホームが手向けられていた。

 今月18日、ノルベルト・ロッパーさんが95歳で亡くなった。ウィーンのユダヤ人家庭に生まれ、ナチス・ドイツが第二次世界大戦下で行ったホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)の「生き証人」となった。ポーランドのアウシュビッツ強制収容所などで約3年を生き延びたが、父親や最初の妻、妹を失った。駆け出しのプロサッカー選手だったが、ナチス親衛隊(SS)の隊員に殴打され、選手生命を失った。

 戦後はプロサッカーを「支える側」として活躍する。ウィーンに本拠を置くFKオーストリアでいわゆるゼネ…

この記事は有料記事です。

残り883文字(全文1192文字)

坂口裕彦

1998年4月入社。山口、阪神支局を経て、2005年に政治部。首相官邸や自民、公明両党、外務、防衛、厚生労働省などを担当した。13年に外信部に移り、14年4月から現職。ウィーンを拠点に、中東欧や国際原子力機関(IAEA)などの動きをウォッチ。ウクライナ危機の現場も取材している。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. 盗撮 法の不備あらわ 被害者、流出おびえ
  3. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  4. いま、性被害を語る 男はなぜ痴漢をするのか 性犯罪加害者治療に取り組む斉藤章佳さん 
  5. なりすまし 後絶たず 盗撮画像を添付/別人のわいせつ写真掲載 恐怖・不安、被害者「法整備を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです