メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボンバルディア「CRJ」シリーズ

ビジネスジェットから派生した小型旅客機

J−AIRのCRJ200=大阪空港で2014年10月30日、読者提供

 カナダのボンバルディア社が開発した近距離双発ジェット旅客機。1991年初飛行。92年にドイツ・ルフトハンザ航空系列の「ルフトハンザ・シティーライン」で初就航した。同社のビジネス用ジェット「チャレンジャー」を旅客機に再設計したもので、CRJ100/200、CRJ700、CRJ900、CRJ1000の4機種があり、座席数や航続距離などによりさまざまな派生型がある。

     座席数は100と200がともに約50席。700が最大78席。200は高効率の米GE社製エンジンとなっている。生産数は約1700機。 

     日本では仙台空港をベースにする「アイベックス・エアライン」がCRJ100LR、CRJ200ER、CRJ700NGの3機種を、日本航空系の「ジェイエア」がCRJ200ERを運航している。【黒川将光】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. コトバ解説 「風疹」と「麻疹」の違い
    2. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
    3. 風疹 症状、妊婦への影響、予防法・・・Q&Aまとめ
    4. 大阪地裁 たこ焼き店脱税、起訴内容認める 初公判
    5. 大相撲 番付編成会議 貴乃花親方は欠席

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです