メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地震情報

[発表時刻] 2017年2月26日 05時15分 気象庁発表

2017年2月26日05時14分ごろ地震がありました。

[震源地] 鳥取県中部など [最大震度] 3 今後の情報に警戒してください。詳細

<「論争」の戦後70年>琉球独立論 戦争への危機感、背景

日本と異なる歴史、根拠に/楽観的理想主義、地元でも疑問視

 1972年5月15日、沖縄が日本に復帰した。東京で開かれた記念式典の最後、佐藤栄作首相が「日本国」と「天皇陛下」万歳三唱の音頭をとった。天皇陛下万歳の方は当初の予定になかった。その日の毎日新聞夕刊は「沖縄万歳といってくれるならまだしも」と、沖縄側の憤慨を伝えた。だが、首相の暴走は単なるハプニングだったのか。もっと根の深い違和感を覚えた人が、沖縄には少なくなかったのかもしれない。初めから、何かがずれていたのか。

     41年たった2013年5月15日、「琉球民族独立総合研究学会」が発足した。趣意書によれば、琉球民族が独立することを前提に、その実現に必要な研究、討論、人材育成を行う学会である。独立に関する学会は琉球史上、初の創設とのことだ。

     米軍普天間飛行場の辺野古移設問題を機に、沖縄の独立をあおるメディアも出てきた。沖縄独立が切迫した課題だと今は見えないが、現地の真摯(しんし)な動きには注目したい。

     学会の姿勢でまず目を引くのが、会員を「琉球の島々に民族的ルーツを持つ琉球民族に限定」したことだ。本土への拒絶感の強さが気になる。共同代表の一人、松島泰勝・龍谷大教授(島嶼(とうしょ)経済)に聞いた。

     「排外主義ではないですよ。琉球民族とは、という定義を学会ではしていない。『自分は琉球人』というアイデンティティーに基づく自己申告と会員の推薦で入会できます。定義より、琉球の歴史や文化に責任をもちたいという自覚が大事ですね」

     民族が人種や血によらず、文化や歴史的な概念であることを松島さんは自著で強調している。その点にほっとするものの、学会の歴史観や民族観には本土日本人一般とは相当な距離がある。例えば、「琉球人は日本人とは別の民族」。また、「今の琉球は日米の植民地」。日本の国の南部で、民族の違いをこれほど前面に出す活動があること自体、十分刺激的ではないか。

     こうした特徴をもつ学会は、国際法に従って民族自決権を行使し、住民投票、独立宣言、各国からの承認獲得というプロセスを経ての平和的な独立を目指している。そして、独立によって、すべての軍事基地の撤去、平和と希望の島の実現、琉球民族の人間としての尊厳の回復が可能になると力説するのである。

     さて、独立を求める動きは、沖縄でどう受け止められているか。

     前回、「沖縄イニシアティブ」論争で登場願った3氏のうち、批評家の仲里効(いさお)さんは好意的だ。「独立論は、沖縄の歴史的転換期に繰り返し出てきた。沖縄の人の潜在意識の中に独立志向がある。今の独立論も荒唐無稽(むけい)なものではなく、歴史的な根拠がある。独立論自体、沖縄の思想や自己主張の重要なひとつです」

     一方、高良倉吉・琉球大名誉教授や仲村清司・沖縄大客員教授は冷ややかに見ている。

     高良さんがすぐに挙げた疑問が「独立したとして、周囲の大国とどうつき合うのか」。北に経済大国・日本、西に経済・軍事超大国の中国、さらに中国と問題を抱える台湾、もちろん米国。人口がせいぜい140万人の小国・琉球は東アジアの不安定要因になりかねない。

     対して松島さんは「琉球人が自分の島、人々の命を守るために独立して非武装中立の小国となる。戦争しないための外交や会議、国連のアジア本部を誘致……、できることはいっぱいあります」。当地の大問題、尖閣諸島については「領有権は琉球にあることになりますが、そうは主張せず、コモンズ(みんなの領域・海域)にしようと提案します。(富国強兵を一人前の条件とする)近代国民国家の枠を崩せるのでは」。

     とても楽観的な理想主義だ。ただ、太平洋の島国パラオなど、軍隊をもたなくても平和に生活できている実例は世界に豊富にあるという。

     仲村さんは「ヤマト(本土日本)との腐れ縁を一度断ち切るのは賛成。でも、独立で沖縄の諸問題が乗り越えられるのか」と疑問視する。「いま一番の問題は格差や貧困。それに、島の多様性が沖縄の魅力だし、独立という一つの方向に持っていくこと自体、無理がありますよ」

     これにも松島さんは「島々で投票し、意思決定します。人数が多い本島がすべてを決めるのではない。例えば宮古島一島が独立してもいいですよ」「所得格差の問題も、基地受け入れの代償として日本の官僚が考えた振興策に起因するものが多い。独立し、豊かな自然を土台にした経済を基地関連の補助金なしにやっていこうと議論しています」。

     さらに、仲村さんは「ヤマトに痛めつけられた恨みがベースでは長続きしない。希望ベースでないと」と心配する。昨年、英スコットランドの独立運動を現地で見た松島さんは「独立すればこんなにいいことがあるという『イエスキャンペーン』が面白かった。琉球の場合も、どういう憲法、政府をつくるかといった前向きの議論が中心なんですよ」。

     学会創設からまもなく2年。松島さんは「会員は300人に増えた。独立という議論が一部の知識人、文化人、活動家という少数者から、どんどん広がって公の世界に出てきている」と手応えを語る。

     琉球独立の好機は過去に3回あったという。中国の辛亥革命(1911〜12年)、日本の敗戦(45年)、72年の日本復帰。辺野古問題が沸騰する今が4回目なのか?

     「チャンスというより、独立しないと戦争になるという危機感が強いです。日本は今、沖縄でもう一回戦争をやってもいいという態勢を構えているように見える。そう身近に感じる琉球人が増え、悲惨な目に遭わないためには基地をなくす、その効果的で合法的な方法の一つが独立なんだと考えてくれています」

     そして本土に対し「辺野古問題を知ってはいても、自分の問題としてとらえていない人が多い気がする。温度差以上の壁というか、日本人と琉球人の感性の違いというか、やっぱり別の歴史を歩んできたんだな、と。戦後70年の今年、日本は戦後って言うけど、琉球には戦後はまだ来ていない。とらえ方が全く違う。だから、やっぱり独立かな、と」。

     「琉球の歴史それ自体が琉球独立の根拠なんですよ」と、松島さんが言った。【伊藤和史】


     ■ノートから

    非軍事の未来へ思い共通

     歴史家の高良さんは、15〜16世紀を中心に、琉球王国が東アジア交易の拠点として勇躍する姿を紹介してきた。「今、アジアではそのニューバージョンが始まろうとしている。それが沖縄の将来像ですよ。軍事的ではなく、災害対策も含めた総合的な安全保障の結節点になっていく。沖縄にはそれが一番似合うんです。米国の軍事的拠点ではなく」

     また仲村さんは「今、大事なのは格差の是正と島の多様性を元に戻すこと。本来ありえた沖縄、宮古、八重山……を取り戻していく。信仰や自然、土地の景観、相互扶助、産業のあり方。今風に画一化するのではなく、島のベースや発展に合わせて、元々の自分たちをつくっていたものを発掘していきたいですね」。

     独立論では3者相いれない点が目立っても、互いが見ている未来が交差する瞬間がある。これが、沖縄の言論空間の奥行きなのだと思う。

    関連記事

    コメント

    Listeningの投稿について

    「Listening――あなたの声を聞きたい」は、記事をもとに読者の皆さんと議論を深める場所です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

    ※ 本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して毎日新聞社は一切の責任を負いません。また、投稿は利用規約に同意したものとみなします。

    「Listening――あなたの声を聞きたい」利用規約

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 森友学園 「ごみ埋めた」業者証言
    2. 森友学園 不認可の可能性言及 大阪知事
    3. 森友学園 財務省、土地交渉「記録を廃棄」
    4. 金正男氏殺害 オウム中川死刑囚「あれはVX」発表前に
    5. 森友学園 土地取引、際立つ異例さ…国会で紛糾

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]