メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

阿武 秀子・評『東北ショック・ドクトリン』古川美穂・著

“火事場泥棒”の暗躍を見過ごすわけにはいかない

◆『東北ショック・ドクトリン』古川美穂・著(岩波書店/税抜き1700円)

 「ドクトリン」とは教義、基本原則という意味をもつ言葉で、政治や外交、軍事の場で用いられてきた。

 「ショック・ドクトリン」とは、災害や政変などの危機的状況に際して過激な市場原理主義が強行されること。アメリカの経済学者ミルトン・フリードマンの考えを批判して、カナダのジャーナリスト、ナオミ・クラインが述べた語で、その著作の題名としても知られる(2007年刊、翻訳は11年刊)。副題は「惨事便乗型資本主義の正体を暴く」、映画化の際に「火事場泥棒の資本主義」とのキャッチフレーズがついた。

 東北の「ショック・ドクトリン」とは、東日本大震災以降に打ち出され展開された「創造的復興」の数々だ。…

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文1099文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川貴教 登美丘高校「HOT LIMIT」動画に喜びも「もっと早かったら…」とボヤキ
  2. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  5. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです