メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

地球スイングバイ カギ握る精密な軌道誘導 通信できるか毎回緊張

小惑星探査機はやぶさ2の運用室。写真は初期機能チェックの際、イオンエンジンの24時間連続運転をしているときの様子=宇宙航空研究開発機構提供

吉川真・ミッションマネジャーに聞く今後の見どころ<下>

 昨年12月に打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ2」が、打ち上げから200日を迎えた。宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所(相模原市)にある運用室の様子や今後の課題について、JAXAはやぶさ2プロジェクトチームの吉川真・ミッションマネジャーに聞いたインタビューの後半をお届けする。【聞き手・永山悦子、斎藤広子】

 −−はやぶさ2は、どのような体制で運用しているのですか。

この記事は有料記事です。

残り2563文字(全文2780文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  2. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  3. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  4. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文
  5. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです