メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桂文珍

パワハラからギリシャ危機まで 解決のヒントは落語

33回目の独演会に「あっという間やったな」と感慨深げな桂文珍さん=三村政司撮影

 8月8日に恒例のなんばグランド花月での独演会を開く桂文珍さん。今年の3席について語っていただきました。パワハラからギリシャの財政問題まで、解決のヒントは落語にあり?!

都市と地方の格差をテーマに 創作落語「玄海集落」

 −−今年で8月8日の独演会も33回を迎えますね。

 33年、あっという間やったな、と。ネタを毎回三つやっとるんですが、今年は地方と都市との格差、経済格差、それから立場上のパワーハラスメントの格差っていうのをどう超えていくんだよ、ということをテーマにやります。

 まず桂珍幻彩(ちんげんさい)という男(文珍の別名)が、「玄海集落」というのをやります。玄界灘を眺め…

この記事は有料記事です。

残り3135文字(全文3422文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 内田正人さんが死去、82歳 コーラスグループ「ザ・キングトーンズ」リーダー
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. おかあさんといっしょ さよならよしお兄さん! 最長14年担当の体操のお兄さんが3月末で卒業 パント!のりさお姉さんも
  4. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 「遺品なし」理由 厚労省
  5. 東海第2原発 住民説明会が終了 県主催で6カ所、延べ753人参加 /茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです