メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桂文珍

パワハラからギリシャ危機まで 解決のヒントは落語

33回目の独演会に「あっという間やったな」と感慨深げな桂文珍さん=三村政司撮影

 8月8日に恒例のなんばグランド花月での独演会を開く桂文珍さん。今年の3席について語っていただきました。パワハラからギリシャの財政問題まで、解決のヒントは落語にあり?!

都市と地方の格差をテーマに 創作落語「玄海集落」

 −−今年で8月8日の独演会も33回を迎えますね。

 33年、あっという間やったな、と。ネタを毎回三つやっとるんですが、今年は地方と都市との格差、経済格差、それから立場上のパワーハラスメントの格差っていうのをどう超えていくんだよ、ということをテーマにやります。

 まず桂珍幻彩(ちんげんさい)という男(文珍の別名)が、「玄海集落」というのをやります。玄界灘を眺め…

この記事は有料記事です。

残り3135文字(全文3422文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜ミク、弘前公園「公式キャラ」に登場 大型パネル前で記念撮影も
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  4. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  5. 1.3メートル「都内一低い」ガード下 頭上すれすれ電車が通る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです