メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナイル.com

(61)危機にある人類の記憶

シリア北西部イドリブ県から盗掘されて闇市場に流出した遺物。シリア政府が回収した=首都ダマスカスで2015年7月、フアード・アリ撮影

 考古学者の間では、シリアは文化遺産の宝庫だと評されている。カナーン、バビロニア、アッシリア、ペルシャ、ギリシャ、ローマ、イスラム。古来、多くの文明がこの地で栄えてきた。しかし、現在起きている紛争は、文明の記憶を残す貴重な遺跡に配慮することなく続いている。破壊、放火、略奪、盗掘。過激派組織「イスラム国」(IS)は言うまでもなく、政府軍や反体制派による戦闘行為も、遺跡の破壊を招いている。

 文化省などによると、シリアには国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産6件を含めて、約400…

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文712文字)

フアード・アリ

1980年生まれ、ダマスカス在住。ティシュリーン大学(シリア西部ラタキア県)で英文学を学び、卒業後はシリア国営テレビなどで勤務。日本の印象は「平和と教育で優れた国」。シリアで毎日新聞の取材をサポートしている。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 訃報 国友やすゆきさん65歳=漫画家、「100億の男」
  3. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです