メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日航機事故30年

その時、羽田空港管制室は…元管制官の平田正治さん 墜落までレーダーで追った状況を証言

30年前の航空管制用レーダー。写真は札幌航空交通管制部

1985年8月12日、着陸担当の「東京アプローチ」

 520人が犠牲になった日航ジャンボ機墜落事故から12日で30年。事故当時、羽田空港の管制官として墜落までの過程をレーダーで追った平田正治さん(66)が、管制室の状況を毎日新聞に初めて証言した。レーダー上をさまよう事故機のマーク。懸命に操縦室との交信を続ける管制官たち。証言からは、当時の緊迫した状況が生々しく伝わってくる。

この記事は有料記事です。

残り1683文字(全文1870文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴジラ、NASA研究チームが“星座”に認定 日本の怪獣では初
  2. 大阪・松井知事 公用車で庁舎周辺巡回、車内で喫煙
  3. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  4. コンサート 沢田研二さん本人が取りやめ 集客少なく不満
  5. 皇室 絢子さまが伊勢神宮参拝 母の久子さまと共に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです