メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日航機事故30年

その時、羽田空港管制室は…元管制官の平田正治さん 墜落までレーダーで追った状況を証言

30年前の航空管制用レーダー。写真は札幌航空交通管制部

1985年8月12日、着陸担当の「東京アプローチ」

 520人が犠牲になった日航ジャンボ機墜落事故から12日で30年。事故当時、羽田空港の管制官として墜落までの過程をレーダーで追った平田正治さん(66)が、管制室の状況を毎日新聞に初めて証言した。レーダー上をさまよう事故機のマーク。懸命に操縦室との交信を続ける管制官たち。証言からは、当時の緊迫した状況が生々しく伝わってくる。

この記事は有料記事です。

残り1683文字(全文1870文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「18歳成人」に思う 性別変更、慎重に判断して タレント・KABA.ちゃん(49)
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. 焦点・働き方改革 首都圏・総合病院の医師悲痛 当直明けも分刻み 「長時間労働、野放し状態」
  4. 陸上イージス 配備説明 秋田知事「不本意」 防衛相訪問
  5. 雑記帳 近鉄名古屋駅と伊勢中川駅(三重県松阪市)を結ぶ近鉄名古屋線が…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]